検索
  • trimreturns

要注意!血液・血管をダメにする7つの習慣

血液と血管のトラブルを招く大きな原因は 以下のようなあまりよろしく無い生活習慣の積み重ねです((+_+))


血液・血管をダメにする7つの習慣

1)偏った食事

動物性脂肪を摂り過ぎると余分なコレステロールが血液中に溢れます。

余分な脂肪やコレステロールを体外に排出する食物繊維や、

血栓を防ぐビタミンC・E・B群をバランスよく摂るようにしましょう。


2)食べ過ぎ

私たちの身体はエネルギーとなる栄養素が十分足りていると、

中性脂肪として脂肪細胞や肝臓に蓄えます。

必要以上に食べ過ぎると肥満になり、余った栄養分は血液中の油脂成分となります。


3)不規則な生活

生活リズムの乱れ、睡眠不足、ストレスや疲労は活性酸素を発生させたり、

血液の流れを悪くします。

食事の時間が不規則だと、身体は栄養不足だと感じ脂肪を貯めやすくなります。

コレステロールは睡眠中に作られるので、寝る前の食事や間食はやめましょう。


4)運動不足

運動すると脂肪や血糖がエネルギーとして消費されますが、

運動不足によりこれらが消費されないと、余った分は中性脂肪として体内に貯まり

肥満の原因になります。


5)ストレス

精神的、肉体的にも過度のストレスは活性酸素を発生させます。

また、精神的ストレスがあると赤血球同士がくっつきやすくなり、

また血管が収縮して血圧が上がる為、血管にダメージを与えます。


6)喫煙

活性酸素を大量に発生させます。

その他、コレステロールの酸化、血管細胞へのダメージ、血管を一時的に収縮させるなど

動脈硬化も引き起こします。


7)お酒の飲み過ぎ

適量(例:ビール大瓶1本程度、日本酒1合程度)ならば血行を良くする効果があります。

しかし、適量を超えるとアルコールを分解する肝臓の機能が低下し、

肝障害や様々なトラブルを引き起こします。


日々の生活を振り返って、血液と血管をいたわってあげましょう!


閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示