検索
  • trimreturns

自律神経が整う入浴法

自律神経を整えるには夜の過ごし方にポイントがあります。

その中でも重要な要素の1つに「入浴」があります。

理想的な入浴の基本は

15分間、39~40度のお湯にゆっくり浸かること。

さらに15分のうち、初めの5分間は首まで

あとの10分間はみぞおちのあたりまで浸かることが

自律神経にとって最も重要な入浴法といわれています。

血行促進に最適な38.5~39度の深部体温に上げられるため

副交感神経の働きが高まり、ぐっすりと眠れるようになるそうです。


逆に体に悪影響を与えてしまうのが42度以上の熱いお風呂に入ること。

熱いお湯は交感神経を急激に高め、血管を収縮させてしまいます。

そうすると

血圧が急上昇し

脳卒中や心筋梗塞など、命に関わる病気を引き起こす恐れがあります。

心身を興奮させるスイッチが入り、睡眠の質も低下させてしまいます。

また、たとえ適温のお湯であっても

あまり長風呂をすると脱水状態に陥ってしまうため、やはり注意が必要です。


入浴をシャワーだけで済ませる人も少なくないですよね

シャワー入浴は身体の深部体温を下げ、

副交感神経の働きを低下させてしまうので、夜はおすすめできません。

夏でも39~40度のお風呂に15分間ゆったりと浸かりましょう!

そして入浴後は

コップ一杯の水を飲みましょう!

入浴で失われた水分を補いながら、体の老廃物を外に出してくれますよ!


閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示