検索
  • trimreturns

眠りたいのに眠れない…

寝不足は身体に悪い。

そうは言っても、そもそも「眠れない」と悩んでいる方も多いですよね。


日々の睡眠に問題を抱えている場合は

「不眠症」という病気になっているかもしれないので注意が必要です。


不眠症には大きく分けて4つのタイプがあります。

1)入眠障害

横になってもなかなか寝付けない。

悩みや考え事がある場合に起きやすい。


2)中途覚醒

寝つきは良いものの、途中で何度も目が覚めてしまい、

その後なかなか眠れない。


3)早朝覚醒

予定よりずっと早く目が覚めてしまい、その後も眠れない。


4)熟眠障害

睡眠時間はしっかりとれているのに、ぐっすり眠った気がしない。

眠りが浅く、長い夢をみる傾向がある。


不眠症というと「夜に全く眠れない」症状を思い浮かべる方も多いかもしれませんが

「うまく睡眠を持続できない」「ぐっすり眠った気がしない」というのも不眠症です。

また本当はしっかり睡眠がとれていても、本人が「あまり眠れていない」と感じる

「睡眠誤認」というケースも珍しくありません。

逆に上に挙げた症状があっても本人がつらいと感じていなければ問題ありません。


不眠症を発症する原因は次の3つの「P」で説明できると考えられています。


1つ目は、性格・性別・年齢などにおいて不眠症になりやすい 素因(Predisposing factor)を持っているかどうか。

一般的に、

心配性、女性、高齢者、などが不眠症になりやすいと言われています。


2つ目は、不眠症を発症させる促進因子(Precipitating factor)。

災害や病気によるストレスなどがこれにあたり、一時的な不眠症を起こします。


3つ目は、不眠症をこじらせる持続因子(Perpetuating factor)。

たとえばカフェインを摂り過ぎている、昼寝をし過ぎているなどの習慣によって

不眠症が慢性化しやすくなります。


うまく眠れるかどうかは気持ちによるところも大きいもの。

横になったものの

「眠れない、どうしよう」と思い悩むと余計に眠れなくなったりします!

気になることがあれば早めにご相談を。


アロマも不眠のお悩み解決のお役に立てますので、お気軽にお声掛けくださいね♪




2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示