検索
  • trimreturns

意外と知らないミントのこと

先日もお伝えしたミント。


ミントの代表と言えば、ペパーミントですね!

スペアミントとウォーターミントの交配種で

香りの主要成分はメントール。

スーッとした、ミントのイメージそのものの香り。


アロマでも、ハーブティーでも活用でき

自分でも育てられるところがミントの手軽さと言えるでしょう。


ただ種類によって香りも芳香成分も異なりますので

きちんと使い分けることが大事なポイントです。


例えば食べ過ぎたときなどにミントの香りを嗅ぐと

スッと気分が良くなります。

これはメントールに消化器系の働きを正常にする作用があるから。

バランスを取る作用なので、下痢にも便秘にも効果があります。

症状を抑えるのではなく

人間が持っている本来の働きを整える、自然療法です。


ペパーミントとよく比較されペパーミントの親でもある

スペアミント。

精油の主要成分はカルボンで、メントールをほとんど含みません。

生の葉は料理などによく利用され、

砂糖と酢を加えたミントソースはラム料理に欠かせない存在。

カルボンという成分の作用は

精神安定や抗不安で、リラックスしたいときの

ハーブティーや芳香浴に加えるのも良いですね♪

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示