検索
  • trimreturns

快眠のための条件

ぐっすり眠るためにまずは「眠る環境」と整えること!

なんだかよく眠れない

というときは寝室を見直してみると良いかもしれません。


快眠のための条件は3つあります。

1つ目の条件は『暗さ』

明るい光は眠気を遠ざけます。

ただし、真っ暗にすると人によっては不安で眠れなくなることもあるので

最小限の照明はつけてもかまいません。

また、すっきり目覚めるためには朝の光を浴びることが大切なので

カーテンはある程度光を通すものがお勧めです。


2つ目の条件は『静けさ』

音、特に人の話し声には脳を目覚めさせる作用があります。

ゆったりした音楽や波の音など、特定の音を聞くとリラックス出来て

寝付きやすい方もいらっしゃいます。

その場合はタイマーをセットして、眠りに入ることには音が止まるようにしましょう。


3つ目の条件は『室温と湿度』

「エアコンが苦手なのでなるべくつけないで眠るようにしている」という方も

珍しくはありません。

でもこれは科学的には間違い!!

夏も冬もできればエアコンを夜通しつけて、寝室を快適な温度と湿度保つことが大切です。


もし寝つきが悪いな、と感じているようでしたら

寝室の環境を見直してみると良いかもしれませんね。


閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示