検索
  • trimreturns

何となく感じる不調はありませんか?

・顔色が悪い

・手足が冷える

・疲れがたまりやすい

・食欲がない

・何となく頭が重い…

など体調の不調を感じることはありませんか?



これらの症状は、東洋医学では「未病(みびょう)」と呼ばれています。

未病とは、読んで字のごとく「未だ病になっていない」

病気というほどではないけれど、病気に向かいつつある状態のこと。

未病という言葉の歴史は古く

二千年以上も前に書かれた中国最古の医学書「黄帝内経(こうていだいけい)」に

未病という表記があります。


「病気ではないから、大丈夫!」と軽く考えていたら、大間違い!

未病の症状は、人によって異なりますが、身体の不調を自覚していたら

すでに未病の始まりと言えます。

まずは未病にならないことを心掛けることが第一ですが

未病に気が付いたら、早めのケアが肝心です。


忙しい現代人は

・睡眠不足が続く生活

・コンビニなどの食生活

・職場や学校・家庭内での人間関係のストレスなど

普通に暮らしているだけでも未病に陥りやすい原因が潜んでいます。

特に、ストレスは無意識のうちに受けていることが多く

未病を起こす引き金になりやすいので要注意です。


私たちにストレスを与えるものは、人間関係などの心理的な要素だけではありません。

・気温の変化や天候の変化

・騒音や悪臭などの物理的なストレス

・食品添加物や化学薬品

・活性酸素などの科学的なストレス

・疲労や痛み、炎症や細菌などの生物的なストレスなども

私たちの心と身体に大きな影響を与えています。

未病を予防&改善するには

毎日の生活を見直して、生活習慣を改善することが大切です。


例えば、睡眠不足や栄養バランスの乱れは、身体の冷えの原因に繋がります。

身体が冷えることで、血行や内臓の働きが悪くなり、未病を招いてしまうことに…。

一見関係ないように見えることも、身体の中で全て繋がっていて

未病の原因になってしまうのです。


未病を予防&改善する生活習慣の大きなポイントは、生活のリズムを整えること!

生活のリズムを整えることで、身体のリズムも整ってきます。


始まりの春、生活リズムを整えて心も体も健やかに過ごしたいですね♪

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示