検索
  • gokanweb

何て読むの?棘下筋!

何て読むの?棘下筋!



棘下筋

まず、読めますか?

そしてどこの筋肉でしょう?


答え

きょっかきん

肩甲骨の上に張り付くような感じです。



起始:肩甲骨の下角、内側縁の下3分の1

停止:上腕骨(大結節)

作用:腕の伸展

   腕の外旋(手の平を前に向ける)


筋肉は停止が起始に近づくことによって、筋肉が収縮して動きが起こります。

と言うことは、停止がよく動くので疲れがたまりやすい!ということ。


そしてこの棘下筋のすぐ下には「小円筋」という筋肉があります。

小円筋は棘下筋とセットで動きます。

どちらも腕(肩関節)の外旋の働き。

外旋は胸を張らせる動きになるので

気を張っていたり交感神経が優位な方は疲れやすい(>_<)


停止部を押されて気持ちが良かったり、痛かったりする方は

「たまにはゆっくり休んでください」

「いつも頑張っているんですね」

そんな気持ちでトリートメントしています(*^^*)

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示