検索
  • trimreturns

人間の身体は、小さな「海」

人間の身体の構成成分でもっとも多いものは何でしょうか?


答えは水分です。

体に占める割合は たんぱく質20%、 脂質15%、 糖質(炭水化物)約1% なのに対し、水分は約60%を占めます。








水分は 栄養素の消化・吸収や排泄、 体液の濃度調節、

汗を出すことで体温を一定に保つなど

重要な働きを担っています。


体内の水分のうち10%が失われると身体の機能に影響が出始め、 20%が失われると死に至ることがあります。 身体の水分のうち、3分の2は細胞の内部にあります。 残りの水分のうち、5分の1が血液中に含まれ 5分の4は細胞外液となって細胞と細胞の間を満たしています。 身体の各部分が正常に働くためには、 体内の各溶液を常に一定の濃度に保つ必要があります。 このように体内の成分の状態や、体温を一定に保つ働きを 「ホメオスタシス(恒常性維持)」と呼びます。 水分は体内で使われた後は尿や便、汗として体外へ排泄されますから 常に十分に補給することが必要です。 1日に必要な水分の量は約3リットル。 食事に含まれる水分を差し引いても、1,5リットルの水は 摂るようにしましょう! *ちなみに 非常時には食事から十分な水分が摂れませんので   3リットル×3日×家族の人数分 の水の貯えが必要になりますよ。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示