検索
  • trimreturns

トラブルから筋肉を考える




筋肉にまつわるトラブルと言えば

上半身なら

首・肩のこり、腰痛、疲労感など

下半身なら

冷え、むくみ、セルライトなど


筋肉の疲労は

①使いすぎ(スポーツや肉体労働)

②使わなすぎ

のどちらかで起こります


一定の姿勢で筋肉が動かない状態が続くと

やがて筋肉は萎縮し、硬直し ⇓

筋肉が動かないから関節が硬くなり ⇓

使わない筋肉はたるみ、そして脂肪やセルライトが付いてきてしまいます


トリムリターンでは

筋肉の起始と停止にアプローチして

硬くなった筋肉を緩め、正常な位置に戻しやすくします。


起始:筋肉の骨への付着点で多くは体幹部に近い方にあり、動きが少ない方。

停止:筋肉の骨への付着点で多くは体幹部に遠い方にあり、動きが多い方。


停止が起始に近付くことによって筋肉が収縮し、動きが起こります。

これが筋肉の作用です。

*停止はよく動くので疲労がたまりやすい!


例えば・・・

腓腹筋

起始:大腿骨の外側と内側上顆

停止:踵骨

作用:足の底屈(つま先立ち)


つま先立ちはハイヒールを履いているようなもの。

ふくらはぎが硬くなって血流が悪くなり硬直しますね。

停止部のアキレス腱をほぐすと楽になります!



トリムリターンではお客様に受動的な筋肉の動きを起こす施術をしていきます。

と同時にお客様にも、日常生活の中で筋肉を動かす意識を持って頂きたいと思います。

6回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示