検索
  • gokanweb

アーシングの化学的根拠

アーシングの化学的根拠



・砂浜を裸足で歩く

・公園の芝生を裸足で歩く

・神社の御神木に触れる


などimedisを受けられた方にはアドバイスすることも多いです。


imedisが気になる方はお問い合わせを。


このアーシング、精神的にも「気持ちいい」ものではありますが、

研究から科学的知見でも近年効果が実証されています。


そもそもアーシング(グラウンディング)とは、

"足の裏の肌が直接地面に触れること"を言います。

アーシングによって認められている健康効果として


・抗炎症効果

・鎮痛効果

・ストレスの軽減

・睡眠の改善

・副交感神経の優位化 など


が挙げられます。


しかしながら、現代は靴を履いての行動も多く、またその靴底もゴム製のものが大半のためなかなかアーシングができないようになっています。


電化製品には漏電や感電防止のため、過剰電流を地面に流すためのアース線が取り付けられています。


それと同様に人間にもアース線のようなものは必要でそれにより過剰な電気や、陰鬱な気を排出することができます。


さらに地球には微小な自然の地電流が流れています。人間は足の裏を地面に接地させることで、この地電流を吸収し生体電力に充電することができるのです。


人間は足の裏を地面に接地させることで、この地電流を吸収し生体電力に充電することができるのです。


その効果は科学的にも証明されており睡眠障害やストレスに苦しむ患者に、アーシングを8週間繰り返してもらったところ、コルチゾールホルモンの概日リズムが正常になったとい報告もあります。


カリフォルニア大学の研究では、

アーシングにより身体の抗酸化作用が活性化し睡眠のリズムが改善、痛みの軽減、創傷治癒の促進が見込めるとの報告もあります。


降雪や降雨の後は大地表面の負電荷電子の割合が高まるとのことでさらに効果が期待できます。


アーシングマットなども効果はありますが、まずはお金のかからないこういった方法を実践してみるのも良いでしょう。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示